内断熱による住宅作りのメリットと防音性

住宅作りにおいて断熱性を高めたいと考えるならば、2つの選択肢があります。内断熱もしくは外断熱です。後者は、建物の柱の部分などに対して断熱材などを設置するやり方になります。それに対して前者は、住宅の内側部分などに特殊な部材を設置するタイプです。
どちらもそれぞれメリットがあるのですが、防音に対するこだわりがある方々は、前者を選んでいる傾向があります。というのもそのタイプの断熱施工の場合は、騒音を防止してくれる働きがあります。外からは色々な音が聞こえてくるものですが、内断熱方式はそれを侵入しづらくしてくれる働きがあります。逆に建物の中から、外に音が漏れるのも防止してくれるのですが。
それに対して外断熱方式の場合、必ずしも防音性に優れているとは限りません。結露発生率は低くなりますが、その分防音性は高くないのですね。
良い住み心地を求めるとなると、やはり騒音は非常に気になるポイントです。音漏れなどが気になる時には、内断熱による家作りがおすすめですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク