外張りによる断熱施工の主たる特長とデメリット

断熱性能を高める家作りには、様々な方法があります。その1つが、外張りと呼ばれる方法です。
外張りは、建物の外側に対して様々な施工を施す方法です。主に柱などに対して、独自の断熱性がある部材などを付けていく方法になります。
この外張りという方法は、まず施工方法の難易度にメリットがあるのです。断熱性を高める方法は他にもありますが、それに比べると難易度は低めになるのです。
また外張りは、結露に関するメリットもあります。断熱性を高める目的の一つは、建物に対する結露を防止するためです。外張りの方法の場合は、露が生じにくくなるメリットがあります。
ただし外張りの方法の場合、多少の虚弱性もあるのです。他の方法に比べると外部環境などに左右されやすいので、耐用年数などは比較的短めな傾向があります。
それと地震ですね。大きな地震が発生すれば建物に変形が生じがちですが、それと同時に外張りの部材にも変形が生じやすいデメリットもあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク