家を建てる時は断熱材とサッシはランクの高い物を

断熱を高める為には、もちろん暖房を使っている時はカーテンを引いたり、部屋の戸をきちんと閉めたりといったことが必要ですね。

でも、これから家を建てる場合は、当初から断熱に付いて出来ることがあります。
ここでは2つを挙げてみます。

まず、外壁と内壁の間に入れる断熱材です。これは、昔は家が古くなってくると断熱材が下の方へ落ちてしまい、その効力が無くなってしまっていました。
これをまず断熱効果の高いものにして貰います。

現在断熱材は、羽毛布団のキルティングのように途中も止めつけているので、経年で下に下がって溜まってしまう事はありません。
ですから、性能の良い物を選ぶことが断熱効果を高めます。

また、窓ガラスですが、今は殆どのサッシが2重窓になっていますが、それにも断熱効果に差があります。「eco基準」といったような名前で呼ばれることもありますが、大体断熱効果が4段階位に分かれているので、一番eco効果の高い窓を選ぶとそれだけ断熱効果が高くなります。

断熱効果が高くなると、夏の猛暑や冬の寒さが防げるので光熱費も抑えられ、環境を汚すことも少なくなります。
家を建てる時はそんな点にも気を付けると良いと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク