小高い丘に建てた街の景色が見える新しい家

どうしても新しい家は小高い丘の所に建てたいと言っていた友人は、その願いを叶えました。

小高い丘に拘ったのは、街の景色を一望したいからだと言うのです。

確かに、ちょっと高い位置の方が、窓からは素敵な景色が見えるはずです。

前に友人が住んでいた場所は、周りが家に囲まれては、窓を開ければすぐに隣の窓という感じでした。

道路の近くであったために、車の音まで煩いのでした。

そんなことから、やっぱり景色が綺麗に見える場所が良いと考えた彼女は、小高い場所に新しい家を建てたいと願ったのでした。

そんな願いを叶えるべく、土地探しをしました。

私も一緒に探しましたが、なかなかありません。

ところが、半年も探していたある日、とうとうその小高い場所に土地が1つだけ開いていたのでした。

ちょっと高めでしたが、彼女は奮発しました。

そして、そこに理想的な新しいバリアフリーな家を建てたのでした。

お風呂場からも街の景色は見えますし、キッチンからもそんな街の景色を見ながら料理ができるのですから、何とも夢のような家だと思いました。